市販薬

コンドロイチンZS錠のCMをよく見るけど、腰痛に効くの?成分は?

投稿日:

コンドロイチンZS錠

石原良純さんの「屋久島だって元気に歩ける!」のCMでお馴染みの「コンドロイチンZS錠」。その名の通り、コンドロイチンがたくさん含有されている市販薬ですが、腰痛の症状に効果があるのでしょうか?コンドロイチンZS錠の成分、効能、注意点等についてまとめました。

 目玉成分はコンドロイチン

コンドロイチンZS錠の特徴はなんといっても、他の市販薬に比べてコンドロイチンがたっぷり含まれているということ。含有量が多い分効果も大きいので、口コミ等の評判も良いです。まず、そんなコンドロイチンの効果についてみていきましょう。

症状そのものを改善させる?

コンドロイチンは、損傷した筋肉や神経を修復して、患部の熱、炎症を取り除きます。鎮痛薬や湿布、塗り薬といったものは、あくまで一時的な痛み止めにすぎませんが、コンドロイチンが多量に含まれているコンドロイチンZS錠は、症状そのものを緩和させることができます。

もちろん痛み止めとして即効性も高いので、鎮痛薬としても使用できます。

コンドロイチンにだけ特化した薬

コンドロイチンZS錠以外でコンドロイチンが多く含まれている腰痛に効く市販薬というと、「キューピーコーワコンドロイザー」「アクテージAN錠」といったものがありますが、一日の摂取量でいうと800mgほどコンドロイチンZS錠と比べて少ないです。

それらの商品にはその分ビタミン等の血液循環成分等が含まれているというメリットもあるので、一概にコンドロイチンの量だけでは優劣をつけられませんが、コンドロイチンZS錠の場合効果が分かりやすいというのは大きなポイントですね。損傷した神経や筋肉を正常な状態に戻し、患部を熱や炎症を取り除くという効能において、コンドロイチンZS錠の右に出る市販薬はないと言っても過言ではありません。

コンドロイチンZS錠の用法用量

コンドロイチンZS錠の用法用量は以下の通りとなっています。

  • 1回2錠を1日3回まで服用可

服用のタイミングは、食前、食後どちらでも構いません。

市販薬を服用する場合は、指定されている用法用量をしっかり守って服用してください。

コンドロイチンZS錠の価格

そんなコンドロイチンZS錠ですが、商品は全部で4種類あります。

  • 60錠400円
  • 108錠695円
  • 180錠600円
  • 270錠505円

ちなみに、Amazonでは現在270錠瓶が6.399円で取り扱われています。メーカー希望価格より1.000円以上安価です。お得にコンドロイチンZS錠を購入したいという方は、ぜひAmazonもチェックしておいてください。

-市販薬
-,

Copyright© 腰痛市販薬完全ガイド|通販で買えるおすすめ飲み薬のランキング , 2017 AllRights Reserved.