市販薬

ロキソニンSは頭痛薬で有名だけど?腰痛にも本当に効果あるの?

投稿日:

ロキソニンS

腰痛をはじめとするあらゆる痛みの症状を緩和してくれる市販薬「ロキソニンS」。今回はそんなロキソニンSの成分、効能、用法用量等について紹介します。ロキソニンSの腰痛への効果が気になっているという方は参考にしてください。

ロキソニンSとは

ロキソニンSというと、多くの方は「頭痛薬」というイメージを持たれているかもしれませんが、実は頭痛だけでなく腰痛の症状にも一定の効果があります。では、どんな成分が含まれていて、なぜ腰痛の痛みに効くのでしょうか?詳しく見ていきましょう!

  1. ロキソニンSの効能
  2. どんな症状に効く?
  3. ロキソニンSの用法用量

ロキソニンSの効能

ロキソニンSには「ロキソプロフェンナトリウム水和物」という成分が含まれているのですが、この成分は熱や痛みの原因物質であるプロスタグランジンを抑え、解熱、鎮痛の効果をもたらします。また、成分が体内で吸収された後に、活性型に変化することで効果を発揮する「プロドラッグ製剤」なので、胃への負担も最小限ですむというのもポイントです。

安全で即効性も高い

胃への負担が少なく、高い解熱、鎮痛効果が期待できるロキソニンSは、市販薬の中でも非常に優秀な薬であるといえます。また、鎮静催眠成分も含まれていないので眠くなるといったこともありません。鎮痛効果の即効性も高いので、緊急性が高いシーンや、運転中等のシチュエーションにおいても気兼ねなく飲むことができます。

どんな症状に効く?

一般的に、市販薬はぎっくり腰やヘルニアといった病名の付くような急性的な腰痛には効果が乏しいとされていますが、ロキソニンSの鎮痛効果は極めて高いので、それらの急性腰痛の激しい痛みにも一定の効果を発揮します。また、変形性関節症、関節リウマチ等と言った病気、手術後の外傷の痛みなどにも鎮痛、解熱薬として用いられることも多いです。

ロキソニンSの用法用量

「一回一錠でよく効きます」というキャッチフレーズでお馴染みですが、ロキソニンSの用法は成人(15歳以上)の方で、1錠を1日2回までと決まっています。症状、痛みがあまりに強いという場合に限り3回目の服用ができますが、服用間隔は4時間以上おくことを守ってください。

15歳未満の方は服用できませんので気を付けてください。

まとめ ロキソニンSの価格は?楽天がお得!

  • 鎮痛効果が高い
  • 即効性が高い
  • 胃にやさしい

市販薬においてこの三拍子が揃っているものは非常に少ないです。慢性、急性どちらの腰痛の場合でも鎮痛効果を実感できるかと思いますので、「市販薬でとりあえず痛みを和らげたい!」という方はぜひロキソニンSを試してみてください。

そんなロキソニンSですが、メーカー希望小売価格は648円(税込700円)となっています。楽天市場では現在3つセットで1,630円 (税込1,760円)で送料無料で購入することができるので、ロキソニンSのご購入を検討されている方はぜひ楽天市場をチェックしておいてください。

-市販薬
-,

Copyright© 腰痛市販薬完全ガイド|通販で買えるおすすめ飲み薬のランキング , 2018 AllRights Reserved.