原因と対策

妊娠中の腰痛対策。ホルモンバランスや姿勢の変化が原因、予防方法は?

投稿日:

妊婦

妊娠中に腰痛に悩まされている方は多いです。10kg前後体重が増加することで重心が前のめりになり腰に負担がかかったり、ホルモンの分泌によって腰が痛くなったりと原因はいくつか考えられます。そこで今回は、そんな妊娠中の腰痛の特徴、その対処法についてお話します。今現在妊娠中で腰痛を抱えているという方はぜひ参考にしてください。

そもそもなぜ妊娠時に腰痛になるの?

対処法についてお話する前に、「そもそもなぜ妊娠時に腰痛になるのか」について触れておきます。

  1. 体重増加により姿勢が変わるため
  2. 卵巣ホルモンの分泌によるもの
  3. 心理的不安によるもの

体重増加により姿勢が変わるため

やはり一番大きな原因として考えられるのは、体重の増加によって無意識のうちに姿勢が悪くなってしまうということ。これが腰に大きな負荷を与えてしまうんですね。お腹が大きくなることでただでさえ腰椎や骨盤が前方向に傾く上、体全体の重心まで前方へ傾いてしまうと、言うまでもなく腰に負担がのしかかります。

これはある程度仕方がない部分ではありますが、意識的に姿勢に気を配ることで症状が緩和されることがあります。

卵巣ホルモンの分泌によるもの

出産時に胎児が骨盤を通れるように、靭帯や関節を温めておくために一時的に卵巣ホルモンがたくさん分泌されます。これが原因で腰痛を発症するケースも少なくありません。

ホルモンの分泌は、妊娠3ヶ月ごろから活発に始まり、4ヶ月あたりでピークとなります。その後7ヶ月目あたりまでこの状態が横ばいに続きます。

腰痛以外にも太ももの付け根部分に痛みを感じたり、太ももからお尻にかけて痛みやしびれを感じるといった場合もあります。

心理的不安によるもの

初めて赤ちゃんを出産するという方にみられるケースが多いのが、精神的ストレスから起こる腰痛です。2回、3回と出産を経験しているお母さんでも全くないことはありませんが、大抵の場合初めて出産される方が心理的不安で腰痛になられます。一見精神面と腰痛は関係がなさそうに思えますが、心理的不安から無意識のうちに肩から腰にかけての筋肉が収縮、硬直してしまう場合があります。

心理的不安、プレッシャーを感じているという方は、できるだけ自分の好きなことをする時間を増やしてください。

気持ちを落ち着かせることが大切です。

妊娠中の腰痛の対処法

さて、これらあらゆる要因から腰痛を発症してしまうということがわかりました。症状に心当たりはありませんか?ではここからは、妊娠時の辛い腰痛を取り除くために自宅で簡単にできる4つの対処法を紹介します。

  1. 骨盤ベルトの着用
  2. シムス位で寝る
  3. 入浴する
  4. マッサージ

骨盤ベルトの着用

骨盤ベルト

骨盤ベルトというものをご存知でしょうか?骨盤の中央部分と前部、太ももの3点を結ぶラインに取り付けるベルトです。着用すると骨盤をしっかり正しいポジションで固定することができ、尚且つとても楽になります。歩くことさえ辛いという方は特にためしてみてください。

シムス位で寝る

妊娠中はうつ伏せで寝ることができないので、仰向けになって寝ているという方は多いですが、これは腰に大きな負担を与えてしまいます。うつ伏せで寝た状態で、片足だけ外に出すように曲げるか、完全に横向きになって寝るというのが一番腰に負担のかからない体勢です。うつ伏せで片足を曲げる体勢のことを「シムス位」と言いますが、妊娠時の腰痛の対処法として有効ですので、ぜひためしてみてください。

入浴する

腰痛というのは、筋肉が凝り固まることで起こるので、患部を温めて筋肉を柔らかくすることで痛みは軽減されます。湿布を貼って冷やそうとする方がいますが、これはかえって逆効果になるので気を付けてください。湿布を貼る場合は温湿布を使用してください。

体を温めるということは妊婦さんにとっても良いことなので、普段シャワーで済ませているという方はぜひ湯船に浸かる習慣を付けてみてください。

マッサージ

パートナーの方にマッサージをしてもらうことで、症状は大いに和らぎます。では、妊娠時にできる腰痛軽減マッサージの手順を紹介しておきます。

  1. 立った状態でテーブル等に手をつきます
  2. 腰の中心部から背中まで手のひらで下から上へ圧力をかけます
  3. そのまま横へ圧力をかけます
  4. 最後に腰一体を親指で少し強く押します

これを繰り返すことで症状はずいぶん緩和されますよ。ぜひパートナーの方にやってもらってください。

まとめ まずは習慣に取り入れてみてください

妊娠時の腰痛の原因、対処法についてお話しました。腰が痛むからといって家事を疎かにできないし、ずっと横になっているわけにはいかないので本当に辛いかもしれませんね。ですが、これらのことを習慣に取り入れるだけで腰痛の症状が緩和されるので日常生活がずいぶん楽になるはずです。ぜひ一つずつ試してみてください。

意識的にできるだけ前傾姿勢にならないように心がけてみてください。

-原因と対策
-,

Copyright© 腰痛市販薬完全ガイド|通販で買えるおすすめ飲み薬のランキング , 2018 AllRights Reserved.